オープンのご挨拶

オープンのご挨拶

はじめまして、『雪崩式だよ人生は』管理人のオオヌキと申します。

雪崩式ジャーマンと名乗るときもありますが、ここではオオヌキでいきたいと思います。とはいえ、雪崩式ジャーマンで覚えている方も多いと思うので、今まで通りの呼び方でも構いません。

今回は最初の更新ということで、このブログをはじめた理由や目的を書いていきます。

 

まあ肩肘はらずにご覧ください。書いてる本人は関節外れそうなぐらいに肩肘はってますが。

 

一番やりたいこと

もともと、乃木坂46に特化したブログを4年前から運営していました(ノギザカッション!)。さらにさかのぼれば、はじめてホームページを作り、世に発信したのが高校1年生。今からざっと20年前です。

高校進学と同時ににPCを買ってもらい、まずはじめたのは小説を書くこと。小説を読むのは小さい頃から好きで、頭の中ではいつも冒険を繰り広げていました。その頭の中にある世界を、夜な夜な書き出す日々。こうなると次は、それを誰かに読んでほしくなります。

高校生だったわたしは、小説をプリントアウトして、クラスに配りはじめました。いま考えるとすごい度胸です。友だちからダイレクトに感想をもらい、続きを書く。また感想をもらう。その繰り返し。この日々が、自分の基礎を作ったといえます。つまり創作する喜びを知りました。

そこで次に手をだしたのが、ホームページ。もちろん知識なんてまるでありません。先生や親の知り合いに聞きながら、一から作りました。そのタイトルは「KENの趣味部屋」。ひねりもなにもありません。中身も、高校男子の日常と創作物。これもいま考えれば、なにがおもしろいのやら、です。

でも、やり続けました。タイトルを変えながらも、高校の恋愛の話、専門学校の受験、上京、一人暮らしの厳しさ、就職、そして結婚。日記を綴り続けました。数年前に閉鎖してしまいましたが、書き続けた日々は自分の財産になっているのは間違いありません。

いま、その原点に立ち返ろうと思っています。

ジャンルもテーマも決めない。ただただ興味のあることを書き続ける。

きっとそれが、自分の一番やりたいことなんだと気づきました。

 

自分を商品にする

このブログのメインテーマは日記です。中年おじさんの日記です。

アイドルの話を書いたと思えば、プロレスの話を書き、仕事の愚痴も書けば、過去のやんちゃ話も書く。下ネタだって書きます、風俗話なんてどうですか。とにかくなんでもありです。とくにターゲットを絞ってもいません。

ただ、書くからにはたくさんの人に読んでもらいたい。

そこで大事にしたいのは、自分を商品にすること。

たとえば、乃木坂46の話題を書いたとします。乃木坂のファンの人は見てくれます。でも、興味がなければ見向きもされない。ほかの話題もそうです。プロレスに興味のない人がプロレスの記事を読むのは稀です。でも、筆者、つまりオオヌキという人物に興味があれば、なにを書いても見てくれる可能性が高くなります。

「オオヌキさんが書いてるのかぁ、じゃあ見てみようかな」と思ってもらえるのが、このブログの究極の目標で、自分の目指すべきところでもあります。

そのためにも、ひとつひとつの話題を丁寧に書きたいと思います。

プロレスファンならば、レインメーカーといえばオカダ、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンといえば内藤、いぶし銀といえば木戸修(諸説あり)とすぐに連想できますが、わからない方にはチンプンカンプンです。

先ほどターゲットを絞らないと書きましたが、あえて言うならば、ターゲットは全方向。どんな人が読んでも、意味がわかるようにしたいです。

 

自己顕示欲モンスター

ただの中年おじさんの日記を読んでもらいたい。しかも興味をもってほしい。我ながらとんでもない自己顕示欲です。わたしを見てわたしを見て!これをおじさんが叫んでいるのだから、もはやモンスターです。

ただ、ひとつ気をつけていることがあります。

それは、認めてもらえない理由を外に求めない。

認めてくれないみんなが悪い!見る目がないんだ!と思わないことです。理由は常に自分にある。どこをどうすれば見てもらえるか。認めてもらえるか。そうやって生きてきました。

他者に理由を求めると、その他者をコントロールしたくなります。あるいは憎んでしまう。なんでわからないのか!と。それって疲れちゃいますから。だったら、わかってもらえるように手を変え品を変える。で、ダメなら諦める。諦めたらもう考えない。違う方法で、違う人に認めてもらうよう、またがんばるだけです。

 

自己顕示欲を満たすために、自分自身の発信力を高めていく。

そうやってオオヌキという自己顕示欲モンスターは日々成長しています。

いつか、「カレーうめぇ!」と書くだけで、日本中の食卓にカレーが並ぶような力をつけたいですね。きっとそのとき、この自己顕示欲モンスターは天に帰るのでしょう。わが生涯に一片の悔いなし。

 

雪崩式だよ人生は

「雪崩式」というのは、プロレス技のひとつです。コーナーポストにいる相手に対して、自分もポストにのぼってそこから技をかける。その技によって、雪崩式プレーンバスター、雪崩式バックドロップ、雪崩式腕ひしぎ逆十字固めと名称が変わってきます。

要は、コーナーポストから落とす技を総称して、雪崩式といいます。

人生もそういうことがたくさんあります。すごく高いところに登ったかと思えば、おもいがけない事件で真っ逆さまに落とされる。足を引っ張られる。

わたし自身も過去にたくさんの雪崩式をくらいました。痛さで悶絶したことも、失神したことも、逃亡したこともあります。でも、なんとかやってこれました。そんなエピソードも徐々に紹介していければと思います。

 

実際、雪崩式をくらったプロレスラーはどうなのか。

プロレスラーはリングに叩きつけられても、カムバックします。戦います。3カウントをとられてしまっても、また立ち上がります。負けない、投げ出さない、逃げださない、信じぬく。それが一番大事なんだと、プロレスラーと大事MANブラザーズに教えてもらいました。

 

負けは負けを認めたとき、はじめて負けとなります。

立ち上がりましょう、雪崩式をくらっても。

その先にある、自分なりの勝利をつかむために。

 

 

雪崩式だよ人生は

2018年10月21日、オープンです。

 

最後に

まだ不慣れな部分があるので、見づらい点も多々あるかと思います。更新をしながら徐々に理想の形に近づけていきますので、長い目で見守っていただければ幸いです。

Advertisement