ブロガーになりたいの?その質問に対しての答え

ブロガーになりたいの?その質問に対しての答え

こんばんは、オオヌキです。

今日は「ブロガー」というテーマを通し、このブログが目指すところをはっきりさせたいと思います。

 

ブロガーになりたいの?

まずブロガーの説明を軽くしておきましょう。

一言で言えば、ブログを運営して収入を得ることです(収入が無くてもブログをもっていればいい)。資格も条件も必要ありません。「ブロガーにオレはなる!」と名乗れば、それでブロガーの出来上がりです。

とはいえ、ブロガーとして食べていくのはすごく大変。

ちょっと検索したら山ほどのブログがでてきます。それにSNSも発達していて、情報はそこで拾える。なので、なかなか儲けを生み出すほどのアクセスがあげられません。

星の数ほどあるブログの中から、いかに選んでもらうか。そして継続的に見てもらうようにするか。ブロガーで収入を得るための課題は山積みです。でも、稼ぎを考えなければぐっとハードルは下がる。特別な知識がなくても、ブログで発信は簡単ですから。

 

踏まえて。

ブロガーになりたいんですか?

そう問われたら、こう答えます。

もうなってます。

 

それじゃ、ブロガーとして稼ぎたいんですか?

稼ぎたいです。

生活の助けにしたいというより、自分の文章でどこまでいけるか。それを試してみたいです。でも、書きたいことを書くことと、稼ぐことはイコールになるのか。それについて次項に記します。

 

「マグロ食べたい」

アクセスが稼ぎたければ、時事ネタを拾うのが一番です。タイトルで過激に煽ってクリックさせればこちらのもの。中身すっからかんでも、1アクセスはつきます(今後、二度と訪れてもらえないでしょうけど)。

ブロガーとして食べている、食べていきたい人は、時事ネタの選択に頭を悩ませると思います。ネット記事は鮮度が命。いかにそのネタを素早く提供するかが勝負です。もし出遅れたら、他とは違う切り口で見せなければいけません。シナシナになったネタなどだれも興味がありませんから。

 

でもこれは、ブログで稼ぎたい人の話。特に儲けに興味のない人は、ネタの鮮度など気にせず、好きに書けばいいと思います。というより言われるまでもなくそうしているはずです。

 

わたしの場合、アクセス(お金)のためにネタを選ぶことはしません。まず自分の好きなものを選びます。で、好きなように調理して、好きなお皿に盛りつけて、好きな時間に提供します。お客さまの好みは気にしません。「マグロ食べたい」と言われても、サーモンを出したりします。

このやり方だと、お客さまが怒りだす可能性があります。俺が求めたものと違う!と。もう二度ときてもらえないかもしれません。

でもそこで、「大将がそう言うなら食べてみるか」と言ってもらえればどうなるのか。きっと常連になってくれるはずです。大将の腕を信じているからこそ、食べたいものと違っても、口に入れてもらえるわけですから。

ネタの種類にかかわらず、店(ブログ)を訪れてもらう。

つまり、書きたいことを書いて、それを読んでもらう。

その先に収入という結果がついてくるのがベストであり、そこを目指します。

 

どうぞご贔屓に

昨日、今日とブログの在り方について書いてみました。とりあえずブログの話題についてはここまでにします。明日からはおもしろ記事(ハードル)を書きますので、どうぞご期待ください(ハードル×2)

とりあえず風俗の話なんて書いてみようかなぁなんて思ってます。ダメ?ダメかぁ。

ネタのストックはたくさんあるので、出し惜しみせずにやっていきますね。

 

ぜひ、馴染みのお店にしてあげてください。お好みのものはないかもしれません。1年前のイカが出てくるかもしれません。どんな食材(ネタ)であっても、まず口にいれてもらえるよう、そして信頼してもらえるよう、丁寧に丁寧に調理します。気に入らなければ、「二度とこねぇ!」と席を蹴ってください。他にもおいしいお店がたくさんあります。

でももし、気に入ってもらえたら、ふらりと気軽にお越しください。

『雪崩式だよ人生は』、いつでもお待ちしております。