個人的AKB・坂道表題曲ベストソング2018を発表!これまでの受賞曲も!

個人的AKB・坂道表題曲ベストソング2018を発表!これまでの受賞曲も!

こんばんは、オオヌキです。

 

アイドルにはまった2013年あたりから、その年で一番好きだった曲をメモしています。今回はそのベストソングと理由を軽くご紹介。あくまで個人的なもので、運営からお金はもらっていません(ブラックジョーク)。

なお、対象はその年に発表された表題曲になります。

 

Advertisement

 

2013年『君の名は希望(乃木坂46)』

文句なしですね。乃木坂46というグループを知ったと同時に、アイドル沼に完全に落ちた一曲です。いまだに乃木坂46で一番特別な曲ですね。「乃木坂らしさ」。その言葉の意味は各自のなかにあると思いますが、わたしの中にある「乃木坂らしさ」が、まさにこの曲です。

 

2014年『何度目の青空か?(乃木坂46)』

2013年の『君の名は希望』を越える楽曲はないと思っていたのに、まさか翌年にこんな曲に出会えるとは。『希望』が一番特別なら、この『何度目の青空か?』は一番好きな曲です。MVがまたいいのよ!The青春です。

 

2015年『僕たちは戦わない(AKB48)』

この年の総選挙曲でしたね。総選挙という『戦う』場所に挑む彼女たちが、『戦わない』と歌う。そのギャップにやられました。レコ大での歌唱はベストパフォーマンスだった思います。

 

2016年『サイレントマジョリティー(欅坂46)』

それまでフワフワとしたイメージのあった欅坂のデビューシングル。冠番組など同じ坂道グループの乃木坂を踏襲していたので、てっきり曲も似た感じかと思っていたら、まさかのかっこいい系。びっくりと同時に、心つかまれました。

 

2017年『世界はどこまで青空なのか?(NGT48)』

エモい(使い方あってます?)。曲としても大好きですが、やはりMVですね。当時NGTというグループをほとんど知りませんでしたが、画面からあふれるパワーに圧倒されました。いつかこの曲を大きな舞台、紅白で歌ってほしいという願いがあります。

 

 

そして今年は……。

と、その前に今年の楽曲を振り返りましょうか。

 

Advertisement

 

AKB48
ジャーバージャ
Teacher Teacher
センチメンタルトレイン
NO WAY MAN

SKE48
無意識の色
いきなりパンチライン
Stand by you

NMB48
欲望者
僕だって泣いちゃうよ

HKT48
早送りカレンダー

NGT48
春はどこから来るのか?
世界の人へ

STU48
暗闇

乃木坂46
シンクロニシティ
ジコチューで行こう!
帰り道は遠回りしたくなる

欅坂46
ガラスを割れ!
アンビバレント

 

 

この中から選んだのは……

 

 

 

『暗闇(STU48)』です!

出典:https://realsound.jp/2017/12/post-142484.html

 

次点
『無意識の色(SKE48)』
『センチメンタルトレイン(AKB48)』
『シンクロニシティ(乃木坂46)』

 

2018年『暗闇(STU48)』

「夜よ僕を詩人にするな 綺麗事では終わりたくない」は名フレーズ。今年何度口ずさんだかわかりません。別に詩人になったっていいと思うんです、ポエマーでもいいじゃないですか、でもそれを綺麗事で終わらせない、要は口先だけの人間になっていないか。それを振り返らせてもらえます。相変わらず口先だけなんですが……。

 

以上、個人的ベストソングの発表でした!もし聞いたことのない曲があったら、ぜひyoutubeで検索してください。どれも名曲ですよ!

今年はどんなすばらしい楽曲に出会えるのか、とても楽しみです。

 

今のところ『風を待つ(STU48)』が一番だな(それはそう)