『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』須田亜香里さんドッキリの感想

『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』須田亜香里さんドッキリの感想

こんばんは、オオヌキです。

 

先日、『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』にSKE48の須田亜香里さんが仕掛け人として登場しました。このドッキリにとても感動したので、簡単に感想を書いておこうと思います。

内容は引用にて。

熊本に住む中学3年生の柔道少年の前に、あこがれのSKE48・須田亜香里が「ドラマの撮影の合間に、こっそり仕事を抜け出してきた」と言って、突然現れるというドッキリを仕掛ける。(塚田僚一が須田亜香里と組み、ドッキリの仕掛け人としてリベンジ! ジェジュン興奮「キュンキュンしちゃう」

一度は憧れるシチュエーション!好きなアイドルと偶然出会って、恋に落ちる!(恋には落ちなかったけど……)。まさにアイドルヲタの妄想を具現化したドッキリで、終始ニヤニヤして見てしまいました。

 

Advertisement

 

仕掛けられた清太郎くんがまた良い子なのよ……。薄汚れちまった自分にはまぶしい存在です。

この清太郎くんについては、twitterでこんなことが書かれていました。

なるほど、ランダムではなく、時間をかけて選ばれたんですね。そりゃそうか。無作為に選ぶにはリスクがありすぎるドッキリでした。

見ている前提で書いてしまいますが、クライマックスで悪徳マネージャーに囲まれた場面。あれ、想像以上に怖いと思います。見るからにコミカルで、客観的に見ればバラエティだとわかりますが、当の本人はそう思えなかったでしょう。

そのなかで、自分の意思をはっきり伝えた清太郎くんはマジの漢(おとこ)でした。「オレだったらマネージャーぶんなぐってたぜ!」と息巻く人もいるかもしれませんが、妄想と現実は違いますから。かっこよかったです。年下とか関係なく、そのまっすぐさに心を打たれました。

 

あかりんの「天性のアイドル」っぷりも見事。あれを「釣り」と言ってしまえば簡単ですが、人の心をつかむテクニックが随所に見られたと思います。

目を見て話させるとか、大事なことをあえて二度言わせることとか、服の交換で親密度アップとか。マネージャーから一緒に逃げる「吊り橋効果」もあって、本気であかりんを好きになってもおかしくない。むしろ、清太郎くんはきっとあかりんから離れられないでしょう。須田亜香里、おそるべし。まさにオクトパス。

 

ほんと良いドッキリでしたね。自分もこんなドッキリならやられてみたいなぁ。

横山由依さん待ってます!(こういう人は絶対に選ばれない