あなたはかわいい――『かわいい女の子』に憧れる女の子に感じる『かわいさ』

あなたはかわいい――『かわいい女の子』に憧れる女の子に感じる『かわいさ』

こんばんは、オオヌキです。

 

かわいい女の子が好きです。なかでも、『かわいいに憧れる女の子』に魅力を感じる今日この頃です。

たとえば、ばちばちに決め込んで「わたしかわいいでしょ!」と迫る女の子より、かわいらしい服を見て「これを着たらわたしもかわいくなれるかな」と目を輝かせる女の子のほうにぐっとくるわけです。ほらそこキモイって言わない!自覚あるから!

でも、かわいらしい服を見ている女の子って、それだけで魅力的じゃないですか。ね、魅力的ですよね。ですよね!(無理やりうなずかせる)

 

Advertisement

 

で、アイドルって、そういう人たちが多いと思うんですよ。もちろん例外はあると思いますが。

アイドルに憧れて、自分もそうなりたくて、オーディションに応募して、合格したと思ったら、周りはかわいい子ばかりで、グループの外にはもっとすごいかわいいもあって、でも、ひたむきにかわいくなるためにがんばる……その姿勢に心を打たれます。

もしかしたら、「自分はかわいくない」と落ち込んでいるアイドルもいると思いますが、それでもかわいくなりたいと思う気持ちがあるなら、そこにとてつもない「かわいさ」を感じます。歳なんて関係ありません。気持ちです。気持ちがあれば、いつまでもかわいい。

精一杯の良い声で、アイドル含め「女の子」にこう伝えたいですね。

 

あなたはかわいい(イケボ)

 

そこで「おっさん黙ってろ」と返されたら、おじさん立ち直れない……

まあ実際、無責任なんですけどね。もし自分が、「あなたはかっこいい」と言われたら、どう考えてもウソをつかれてるとしか思えません。こちらは良かれと思って言っても、もしそれが相手のコンプレックスなら、深く傷つけてしまうかもしれない。自分で自分を否定している人には、言葉は伝わりにくいです。

だから、自分を「かわいくない」と否定している女の子に「かわいい」と言っても、「おっさん黙ってろ」です。でも心のなかで「本当はかわいくなりたい」と思っているなら、その素直じゃないところがまたかわいい。いいよいいよ、あなたかわいいよ(末期)

 

そう、改めて言います。女の子はみんなかわいいんです。

あなたが自分を否定しても!無責任野郎と言われても!キモイと言われても!

かわいさに憧れる「女の子」にはそう言い続けたい!

あなたも!あなたも!みんなみんなかわいい!

 

さあ、かわいい女の子たちよ!

おじさんの胸に飛び込んできなさい!