「欅坂46ベストソングアンケート」ベスト10結果発表!

「欅坂46ベストソングアンケート」ベスト10結果発表!

こんばんは、オオヌキです。

 

早速、「欅坂46ベストソングアンケート」のベスト10を発表します。

(11位までのランキングはこちら↓)

「欅坂46ベストソングアンケート」結果発表!まずは11位まで!

 

それではベスト10の結果を発表します。

 

Advertisement

 

※■は男性、◆は女性のコメントになります。

 

10位(8ポイント)

I’m out

■中指を立てるという普通では考えられない振りがあり、曲の主人公の強い反抗、抵抗を表現するメンバーの姿が好きです

■中指たてるアイドルなんてどこにいるの?神

■ライブで初めて見た時、こんなにライブで盛り上がるとは思ってなかったから、それから好きな曲

■大人や社会への反骨心を歌ったような曲だけどただそれだけを歌うんじゃなくて、自分でやってやろうと気合いを入れられる曲

 

9位(9ポイント)

青空が違う

■かわいいタイプのメンバーじゃないのに楽曲がかわいいからそのギャップにやられる

■リリースからずっとアラーム音です

 

8位(10ポイント)

制服と太陽

■卒業した推しメンが好きな曲

■さびのはいりがすき!

■歌詞とメロディが好き

■曲の雰囲気が柔らかくて良いです

 

7位(11ポイント)

不協和音

■一番初めに欅を知ったきっかけの曲で、とにかく衝撃が走った。アイドルに対する既成概念を壊した曲だと思う

■聴きたいときと、聞きたくないときと分かれる曲なんですけど、東京ドーム公演でのあの異常なほどの盛り上がりは2度と体験できないのではと思っています。そういう意味ではライブを通して好きな曲になったと言っていいと思います。

◆欅坂46を好きになったきっかけだから

◆私が欅坂46に出会ったのが不協和音だったから

■かっこよすぎる

 

同率4位(13ポイント)

サイレントマジョリティー

■欅坂46はこの曲で完成している

■何より曲と歌詞のインパクトが凄い。欅坂ファンになる前から知っていた。

■「また新しいグループ出てきたのか…」としか思ってなかった中で、とあるランキング番組で流れてきたのを聴いて一気に引き込まれました。えっ、これがデビュー曲?と言うほどのインパクトながら、グループの強いイメージをいきなり印象づけたと思います。

■この曲なくして欅は語れません!

◆やはり欅はここから始まり、今の欅があるから

■ま。デビュー曲ですし、大事にしましょうか。

■秋元節って感じですが、インパクトが凄かった!

■欅坂の原点にして頂点の曲だと思うから。

 

世界には愛しかない

■歌詞が好き

■ポエトリーリーディングの入ったオリジナリティの高い曲。名曲です。

■表題で一番好きです。

■サビの疾走感が、聞いていて心地よい。
欅坂の表題曲のなかでも、珍しく爽やかな曲であるから。

■イントロが神。切なくもどこか爽やかな疾走感。隠れた名曲。

■ドラマ視てたな~♪

 

避雷針

■欅坂46の全てが詰め込まれた曲。平手友梨奈の超絶な力強さだけでなく、グループとして正しく一つの生き物となったパフォーマンスは心抉られる。

■振りが好き

 

3位(14ポイント)

エキセントリック

■歌詞の世界観で一番共感する部分が多いから
ダンスもその歌詞の世界観をそのまま伝えてくれる要素が多く、とても好きです

■オリックスの田嶋選手の登場曲だったのたと普通にカッコいいから

■欅の曲の中で一番好きですね。歌詞も刺さるし。以前NHK-FMの「秋元三昧」の時に、秋元氏がこの曲や「不協和音」のことだけを指してか、欅に限らず、坂道や48Gの曲も含めてだったかは忘れてしまいましたが、メンバーとの話の中で「メンバーへの手紙」という表現を使っていたのがすごく印象に残って記憶があります。

■曲がカッコいいし、熱すぎず聴きやすい。

■「やっちゃったなー」って感じの振り付けはさておき、3rd以降で唯一好きだった曲。

■冒頭の歌詞が全てです。ネットデマに一石を投じる作品だと思ってます。

■振り付けはちょっと好みではありませんが、なぜこの曲を標題にしなかったのか?いまだに疑問です。前奏のピアノが特に大好き。

■ドラマティックかつ劇的なイントロは何度聴いても鳥肌もの。ピアノをベースにハイハットを効かしたアレンジも大好き。生演奏で聴きたい楽曲の一つです。

■変わった曲調だけど、引き込まれる感じが好きだから

 

2位(16ポイント)

黒い羊

■感動
欅にはまったきっかけ

◆Mステのパフォーマンスが歴代最高

■重たい楽曲だけど聴けば聴くほど引き込まれていく魅力を感じます。ベースを効かせたアレンジも秀逸。

■アーティスト欅坂46の全てを注いだような曲。この曲が刺さらない筈がない。何度も聴いて泣いた。

■ダンス、そして歌詞全てにおいて欅坂らしさが溢れていると思います。

■1期生の集大成。控え目に言って神。辛い時この歌を聴くと歌詞に救われる。

 

1位(31ポイント)

二人セゾン

■欅坂46の第一期の最終曲。
この後の不協和音から事件も有りグループ自体が迷走しだす前で、切ない曲調ながらもメンバー全員がのびのびとしている。

■公にするとひたすらバッシングを受けそうだけど、3rdまでの彼女たちがホントの姿だとずっと思っているし、二人セゾンを引っさげて大成功を収めた2016年12月の有明コロシアムのライブが彼女たちのどのライブよりも良かったから。二人セゾン路線が続いていたら、きっと乃木坂や日向坂に目を向けることはなかったと思う、それくらい大好きだった曲。

■歌詞、曲、ダンス、MV、全てが完璧な楽曲です。

■いい曲!ダンスもかわいい!

■一択だったらもうこれしか選びません。あの美しい欅坂46をまた見たいです。

■楽曲もパフォーマンスも言うことない素晴らしさ。特に平手さんソロダンスパートは戦慄すら感じました。MVの映像美も好きです。

■一番好きな曲

■歌詞とメロディが抜群に良い。とくに、Bメロが最高。

■48,46グループの中で一番好きな歌詞、曲です

■儚くて、尊くて、そして美しい。大好きな世界観です。この世界観のままでいてほしかった。

■寒い寒い冬に灯る明かり。冬だからこそか感じられる人の温もりの暖かさ。寒い寒い時期だからこそ温める愛おしさ。欅の路線からしてもうこういう表題曲はないんだろうなという刹那を思いつつ。MVで「自分の半径1m~」の時に映った長沢菜々香さんのファンです。

■推しがフロントで躍動しているので

■欅坂の楽曲でも珍しく暖かさを感じるため。

■欅坂では一番好きな曲。サイマジョのイメージを引きずっていたからギャップにやれられたのかと思っていましたが、今聴いても切なさが胸に響きます。

■病みつきメロディの決定版です。

■1番欅が輝いていた曲❤

■歌詞とメロディが好き。

■欅坂46を長い目で見た時、逆に珍しい青春と言った感じの曲で、””カッコいい””というイメージとのギャップに惹かれる
また、平手さんがセンターの時の曲の世界観と小池さんがセンターの時の曲の世界観でまた一味変わる点も好きです

 

以上、「欅坂46ベストソングアンケート」の結果発表でした。

たくさんの投票ありがとうございました!